メンズ

気軽に投資したいならみんなで大家さんに注目|資産運用ガイド

マンション投資で必須

積み木とお金

入居の募集から利用可能

賃貸管理業務は投資マンションを持った後の業務になります。そのため、マンションやアパートの普段の管理だけではなく、入居者の募集も行ってもらえます。投資マンションを持ち家賃収入などを得たいけれども不動産運営の知識が全く皆無だという人はこの賃貸管理業務を専門業者に委託します。入居者募集で必要はなのはまず部屋の図面作成です。そしてインターネットに賃貸物件としての情報登録をします。そして募集をかけるための広告を行います。入居希望者の審査も行ってくれます。連帯保証人の身元調査や提出書類の確認、信用調査機関に調査を依頼するなど契約に向けた業務を行います。契約締結ももちろんしてくれます。契約書の作成から、金銭のやり取り、保険関係の処理です。

どこまで任せるか

入居から退去まですべて行って初めて賃貸管理業務と言えますが、これを委託する場合にはその業務内容をどこまで行ってもらうのか取り決める必要があります。不動産運営の経験がない人でも、ある程度は賃貸管理業務の知識を身につけておいたほうがいいでしょう。すべて任せるのもいいですが、契約内容により当然ながら利用料金が違ってきます。全くの素人で面倒なことは一切やらず収入を得たいという場合は任せてしまいましょう。そうではない場合、例えば入居の部分は自分でやる、もしくは別の方法を使う場合もあります。通り一遍の契約ではなくカスタマイズができる業者もあるので、どこまで自分でやるかは明確にしておきましょう。任せる部分が少なければ、それだけ安いプランで契約できます。